ザ・ぶどうかんズ(シャキーンミュージック)の曲は、少し男くさくて元気になれる。

ザ・ぶどうかんず シャキーン!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ザ・ぶどうかんず」この時代に、男くささをストレートに出して受け入れられるバンド。

「ザ・ぶどうかんず」がついに初ライブ、選んだ場所は「朝霧JAM 2019」。

朝霧JAM 2019のザ・ぶどうかんズの出演は、2日目10月13日(日)9:45〜10:30 です!

 

以前はムジカ・ピッコリーノのメンバーが登場し、話題になりました。

【シーズン7放送直前】「ムジカ・ピッコリーノ」朝霧JAM2018が3/30(土)放送決定!
ムジカ・ピッコリーノ6期メンバーによる、昨年の「朝霧JAM2018」のライブが放送されることに。 「セプテンバー」「プレイバックpart2」「炭坑節」など、ムジカ・ピッコリーノ放送時話題になった曲をセレクトした、熱い50分間(朝霧JAM2...

 

スポンサーリンク

「ザ・ぶどうかんズ」メンバー紹介

「ザ・ぶどうかんズ」結成秘話

架空のバンドが期待以上の結果を出して、定期的に活動することに

ザ・ぶどうかんズとは、片桐仁(ラーメンズ)、やついいちろう(エレキコミック)がメインボーカルを務める架空のバンドです。

バンド名の語源は、やついいちろうが学生の頃にゆずのカバーで組んでいたフォーク/デュオ「武道館ず」を20年の時を経て受け継ぎました。

ザ・ぶどうかんズのコンセプトは、かっこいい大人がいない時代に「武道館を夢見るおっさん達の青春ロックバンド」でかっこいい大人を見せてやろうというもの。

当初は、衝動的に1曲で終わるはずでしたが、片桐仁とやついいちろうがレコーディングを行った際に期待を上回るセッションが完成したため、2曲目の依頼も受け、それから「シャキーン!」で定期的に発表されることになりました。

ザ・ぶどうかんズのメンバーを紹介します。

片桐 仁(かたぎり じん)〈ボーカル〉

独特の存在感を持ち、お笑い(ラーメンズ)、舞台、アートなどジャンルを問わず活躍しつづけている。

シャキーン!では古くからジュモクさんとして活躍している。

 

ラーメンズ『ATOM』より「路上のギリジン」

ラーメンズ『ATOM』より「路上のギリジン」

 

やつい いちろう〈ボーカル〉

エレキコミック(お笑い)のメンバー。DJとしても活躍。

シャキーン!ではネコッパチの声を担当している。

 

エレキシ(DJやついいちろう×レキシ)-トロピカル源氏

エレキシ(DJやついいちろう×レキシ)-トロピカル源氏

 

岩見 十夢(いわみ とむ)〈ギター/作詞・作曲〉

 (写真最前列中央が岩見十夢)

ザ・ぶどうかんズの作詞・作曲を担当。

高校の頃より作詞作曲をはじめ、亀田誠治に才能を見出された。これまで3枚のソロアルバムを発表している。

 

岩見十夢(Tom Iwami) – 「72億人分のあの人(渋谷センター街ver.)」Music Video

岩見十夢(Tom Iwami) – 「72億人分のあの人(渋谷センター街ver.)」Music Video

玉川 裕高(たまがわ ひろたか)〈ギター〉

コモンビル、赤い夕陽などで音楽活動を行う。

 

20150412 赤い夕陽 – 男一代狂詩曲

20150412 赤い夕陽 – 男一代狂詩曲

吉井 功(よしい いさお)〈ベース〉

ヨシンバ、カランツバターサブレなどで音楽活動を行う。

 

僕の右手に/カランツバターサブレ

僕の右手に/カランツバターサブレ

小寺 良太(こでら りょうた)〈ドラム〉

椿屋四重奏、moke(s)で音楽活動を行う。

moke(s) MV「END OF THE NIGHT」

moke(s) MV「END OF THE NIGHT」

 

中村 佳穂(なかむら かほ)〈キーボード〉

ピアノ弾き語りとエレクトロアレンジで着実にコアなファンを増やし続けている。

1月20日放送のTV番組『関ジャム 完全燃SHOW』で中村佳穂の楽曲が紹介され、知名度が一気に高まりました。

 

中村佳穂  SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち” (live ver)

Kaho Nakamura SING US – Wasureppoi Tenshi / Sono Inochi [live ver]

ファンファン〈トランペット〉

パワフルな演奏が魅力のトランペッター。くるりで音楽活動を行う。

 

くるり – everybody feels the same

くるり – everybody feels the same
スポンサーリンク

ザ・ぶどうかんズの曲を紹介

2016年6月「おぼえてわすれて」

2017年1月「いいわけ!?」

2017年9月「かっこいいってなんだろう?」

2018年4月「WAKE-AI-TAI」

2019年6月「いつまでも未完成の地図」

 

「いつまでも未完成の地図」(ザ・ぶどうかんズ第5弾)

ザぶどうかんず いつまでも未完成の地図

ゾウやゴリラ、スーパーマンが当たり前のようにいる不思議な街を歩く主人公。

インパクトのあるイラストと、ノリのよい音楽、それに反して真面目な音楽が心地よい「いつまでも未完成の地図」。

いつまでも未完成の地図

うた:ザ・ぶどうかんズ
作詞:岩見十夢
作曲:岩見十夢
イラスト:JUN OSON
アニメーション:谷本雅洋

イラストはJUN OSON

イラストレーター「JUN OSON」とは

アメリカのイラストのようなポップで明るい印象と、皮肉な表現が1枚のイラストに同居するのがJUN OSONの持ち味です。

大きな目と長い顔形で揃えられ、誰もが見たことのある著名なイラストレーターです。

JUN OSONのイラストは、昔のシャキーン!でたびたび登場しています。

文字の書いた丸太の切る場所を変えることで、言葉の意味が全く違ってしまうシュールな世界「どこ切る兄弟/姉妹」

駅長さんが列車に乗り、読み方が難しい駅に着いてその読み方を問う「なんどく列車ツアーズ」

文章をスロットのように入れ替えることで、全く異なる意味になるのを楽しむ「スロットブラザーズ」

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました