シャキーン!の出演者を紹介、とても濃い個性が集まりました。

シャキーン! ロゴ シャキーン!
スポンサーリンク
  1. シャキーン!の出演者をまとめました。
  2. シャキーン!スタジオの出演者
    1. ここちゃん(太田瑚々)
    2. 歌鳴家(かなりや)はるか(佐々木春樺)
    3. ジュモクさん(声:片桐仁)
    4. ネコッパチ(声:やついいちろう(エレキコミック))
    5. スーパージュモク(声:かわのをとや)※ナレーション兼任
    6. 小林優子(ナレーター)
  3. シャキーン!のコーナーの出演者
    1. 西川のりお(小学50年生のりおくん)
    2. 人気のバンドミュージシャン(サウンドファイターズ)
    3. 二階堂ふみ、南出凌嘉(未来から来た先生)
    4. 玉城ティナ(オッケーお茶の間)
    5. 木村多江(推理作家おくゆかさん)
    6. 児嶋一哉〈アンジャッシュ〉(カウントダウン劇場)
    7. 田中偉一郎(ストリート・デストロイヤー/ストリート・メーカー/ストリート・タイルダンサー)
    8. お祝いミュージカル
    9. クルーズモンスター
    10. 惑星家族(土屋萌児)
    11. 「新しい世界の法則」に出演する人たち
    12. テニスコート(気の合う3人)
    13. ジャルジャル(名は芸をあらわす)
    14. 前野朋哉、鮎川桃果(つりあってる?)
    15. 中村ゆりか、町田康 ほか/音楽:ザッハトルテ(いちぶんがく)
    16. 小宮山雄飛、声の出演:ワタナベイビー(給食のほそみち)
    17. 大堀こういち、吉増裕士(形容詞くっつけ工場)
    18. デルクイデルクイ
  4. シャキーン!ミュージック
    1. ザ・ぶどうかんズ
    2. 曽我部恵一(どっか)
    3. ここちゃんとTHE MICETEETH(ここからはじまる)
スポンサーリンク

シャキーン!の出演者をまとめました。

シャキーン!の知的な刺激は、個性的なキャスティングと、その人が演じる意外な役柄の斬新さが与えると言っても過言ではありません。

普段なかなか登場しないミュージシャンや著名な俳優、芸人、何かを一心にやりとげてきた人、人気のタレントが声のみで出演するなど、他の番組ではまずできないような使い方が魅力です。

そんな、シャキーン!に出演しているキャストをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

シャキーン!スタジオの出演者

シャキーン!のスタートは、通常スタジオの会話からはじまります。

スタジオは、ジュモクさん・ネコッパチ・ここちゃん・歌鳴家はるかが、毎日いろんな会話をしながら15分間が進みます。

金曜日のみスーパージュモクだけが登場し、一人語りのしずかな空間で1週間のダイジェストを行います。

 

ここちゃん(太田瑚々)

シャキーン! ここちゃん

シャキーン!放送局のMC役。

蒸気機関車にシャキーン!の種を植え付けて生まれた「木かん車」の車掌であり、またスタジオにある、移動劇場の支配人でもあります。

毎朝みんなを木かん車に乗せ、楽しい1日へと送り出す、しっかり者です。

「シャキーンミュージック」の歌声は心地よいと好評でした。

ここちゃんとTHE MICETEETH(マイスティース)の楽曲「ここからはじまる」で、朝から賑やかに楽しもう。|シャキーンミュージック
朝に最高のSKAを。ここちゃん、THE MICETEETH(マイスティース)による「ここからはじまる」 2019年4〜5月のシャキーンミュージックは、大阪発の陽気なSKAナンバー。 ♪ここ そこ あそこ (どこ?) ♪どこ まで ...

 

歌鳴家(かなりや)はるか(佐々木春樺)

シャキーン! 歌鳴家はるか

木かん車に牽引される移動劇場の看板女優を務める元カナリアの妖精です。

自分の事を大女優だと思いこんでいて、火曜日は何かをお祝いしています。

天真爛漫な様が魅力的。表情が豊かでくるくると変わります。

火曜日はシャキーンのお祝いミュージカル、はるかとカナリア歌劇団に朝から盛大に祝ってもらおう。
はるかとカナリア歌劇団が全身全霊をかけて祝う、シャキーンのお祝いミュージカル はるか嬢「今日も今日とて、何かをお祝いしたいのじゃ!」 火曜日は黄色の日。 演技のよい、全身黄色の衣装に身を包んだ4名「はるかとカナリア歌劇団」が ...
朝からドゥーン連発!村上ショージ生誕祭が話題に(シャキーン!お祝いミュージカル)
村上ショージ生誕祭に、皆で喜びのドゥーン連発!(シャキーン!お祝いミュージカル) 火曜日の定番は、はるかとカナリヤ歌劇団による「お祝いミュージカル」。 何でもお祝いしてしまおうというコンセプトのもと、歌鳴家(かなりや)はるかを筆頭に...

 

ジュモクさん(声:片桐仁)

シャキーン! ジュモクさん

シャキーン!ではなくてはならないノリボケもできるツッコミ役のテレビ。だけど、名前はジュモク。

昔は子どもたちを楽しませていたけど、壊れて捨てられたテレビの妖精です。

物知りでウンチクが好きなのは、壊れる前に色々な番組から学んだ知識から。

みんなのまとめ役として頑張っているが、そんなにまとまらないのが、シャキーン!の独特のゆるい空気につながっています。

ツッコミの間が絶妙です。

ジュモクさんの声はラーメンズの片桐仁。シャキーン!当初より参加しています。

片桐仁はジュモクさんの他、「シャキーン!ミュージック」ザ・ぶどうかんズのボーカルとしても活躍しています。

ザ・ぶどうかんズ(シャキーンミュージック)の曲は、少し男くさくて元気になれる。
「ザ・ぶどうかんず」この時代に、男くささをストレートに出して受け入れられるバンド。 「ザ・ぶどうかんず」がついに初ライブ、選んだ場所は「朝霧JAM 2019」。 朝霧JAM 2019のザ・ぶどうかんズの出演は、2日目10月13日(日)9...

 

ネコッパチ(声:やついいちろう(エレキコミック))

シャキーン! ネコッパチ

捨てられたハチのぬいぐるみとシャキーンの木に住む子猫の魂が合体してできた妖精です。

猫のような尾は蜂のような針になり、刺すこともできるそう。

ジュモクさんのポジションを狙っているが、周りからみると存在感に差があり、難しい。

「しゃ」の発音がうまくできず、「シャキーン」のことを「ニャキーン」と言います。

声はエレキコミックのやついいちろう。

やついいちろうは「シャキーン!ミュージック」ザ・ぶどうかんズのボーカルとしても登場します。

ザ・ぶどうかんズ(シャキーンミュージック)の曲は、少し男くさくて元気になれる。
「ザ・ぶどうかんず」この時代に、男くささをストレートに出して受け入れられるバンド。 「ザ・ぶどうかんず」がついに初ライブ、選んだ場所は「朝霧JAM 2019」。 朝霧JAM 2019のザ・ぶどうかんズの出演は、2日目10月13日(日)9...

 

スーパージュモク(声:かわのをとや)※ナレーション兼任

シャキーン! スーパージュモク

毎週金曜日に出演するジュモクさんの師匠、自称・お目覚め界の仙人。

金曜日のシャキーン!を、たったひとりで、時にハイテンションに、時に静かにまわしています。

声はかわのをとや。

 

小林優子(ナレーター)

ナレーションを担当。声優として様々な役をこなす、ベテランです。

 

スポンサーリンク

シャキーン!のコーナーの出演者

西川のりお(小学50年生のりおくん)

シャキーン 西川のりお

「今日も一番のりおー!」の掛け声とともに元気に登校する、西川のりお扮する小学生歴50年のプロ小学生・のりおくんが小学生の悩みに答えるコーナー。

いつも一番に教室に入るのりおくん。

そこに、POISON GIRL BANDふんするふたりの先生が、小学生の悩みを、小学生のプロであるのりおくんに相談し、即座にのりおくんが独自の回答を答えて、なぜか授業が始まるまえに帰ってしまいます。

独特ながらもその答えに納得してしまうことも多いのが不思議。

小学50年生のりおくんの前のコーナー「鬼Tube」からと同じ、ポイズンガールズバンドと出演しています。

シャキーン!の小学50年生のりおくん(西川のりお)、人生相談の回答が自由すぎる。
鬼tuberから小学50年生へ、西川のりおがNHK朝7時の子ども向け番組「シャキーン!」でイキイキと輝く。朝から西川のりお、POISON GIRL BANDのワンコーナーがあるEテレのシャキーン!という番組は、最高という褒め言葉しか出て...

 

人気のバンドミュージシャン(サウンドファイターズ)

サウンドファイターズ シャキーン!

毎回驚くような大物ミュージシャンが続々参加し、自らの楽器で真剣に紙相撲で戦います。

現役で活躍するバンドミュージシャンが、自分が演奏する楽器(ギター、ベース、キーボードなど)の音を利用して紙相撲を行います。

紙相撲の土俵は四隅にスピーカーを配置し、その上にガラス板を置いたもの。

毎回驚くようなミュージシャンが続々参加し、純粋に、真剣に紙相撲で戦います。

サウンドファイターズ(シャキーン!)の演奏者一覧。ギターをかき鳴らして争う、熾烈な紙相撲バトル。
サウンドファイターズ(紙相撲)の演奏者が、豪華を超えてすごすぎると話題です。 サウンドファイターズとは、その名の通り、スピーカーを内蔵した土俵を舞台に、ギター(もしくはピアノ)の音で振動させて勝負する紙相撲コーナー。 以前は、ギター...

 

二階堂ふみ、南出凌嘉(未来から来た先生)

シャキーン! 二階堂ふみ 未来からきた先生

少年の家庭教師(二階堂ふみ)は未来からきた先生だった。

家庭教師らしからぬ自由で奔放な先生に、少年は毎回振り回されます。

「ふた付き水筒」「投げないお茶」など、未来の知識を端々に散りばめる先生、未来を知らない少年は、知らない言葉が出るたびに頭を悩ませて悶絶します。

未来から来た先生の決めゼリフは「ちっぽけな常識ね!」「未来をなめてもらっちゃあ困るわよ」。

あの二階堂ふみが家庭教師になり、どちらかといえば生徒の邪魔をする、天真爛漫な先生を演じます。

生徒を演じるのは人気子役の南出凌嘉です。

未来からきた先生(二階堂ふみ)に、朝から翻弄される日がやってきた。|シャキーン!
二階堂ふみ演じる「未来からきた先生」が、怪しげな会話と美しい笑顔で南出凌嘉を翻弄する。 シャキーンの「未来からきた先生」、二階堂ふみさんではないですか!! 「予言少女」と言い、シャキーン、ヤバイっす! pic.twitter.com...

 

玉城ティナ(オッケーお茶の間)

オッケーお茶の間 玉城ティナ

茶の間アイ扮する玉城ティナが、お茶の間の視聴者に真正面から覗き込んで質問してきます。

暮らしの中でふとわいた疑問を、グーグルホームのように、テレビを見ているお茶の間の視聴者に話しかけてくる、不思議な感覚のコーナー。

日に日に美しさに磨きがかかる玉城ティナに正面から見つめられて、動揺する男性も多いようです。

「オッケーお茶の間」と、茶の間アイ(玉城ティナ)が話しかけてくる。|シャキーン!
茶の間アイ(玉城ティナ)がお茶の間をAI扱いする「オッケーお茶の間」がムズムズする。 朝からキュートな笑顔でテレビ越しの私たちに目線を投げかけてくる茶の間アイ(玉城ティナ)の悩みに答えられるか? 「オッケーお茶の間」が始まり、玉城ティナ...

 

木村多江(推理作家おくゆかさん)

推理作家おくゆかさん 木村多江

 

控えめで奥ゆかしい推理作家のおくゆかさん(木村多江)が呟く「君に〇の字」がなにを指しているのかを、居候の弟子作家が推理して当てるコーナー。

おくゆかさんのモットーは「言わぬが花の美しさ」で、表情はくるくる変わっても、ほとんど発言しません。

おくゆかさんが、ひとりで本の構想を練っているときは、書き進めている物語の役にのめりこみ、セリフのトーンを役柄に応じて言い分けたりするほど饒舌ですが、弟子作家が部屋に入って来たとたん、奥ゆかしくなります。

おくゆかさん(木村多江)が一人でいる時の元気な姿と弟子作家が入ってきた後の奥ゆかしい姿のギャップが見ものです。

推理作家おくゆかさん(木村多江)の奥ゆかしい感情を推理する。|シャキーン!
数少ないヒントから、おくゆかさん(木村多江)の日常にひそむ、感情「○の字」を解く数分間の課題。 ツンデレが過ぎるおくゆかさん 古さと静けさを感じる家屋の2階が推理作家おくゆかさんの仕事場です。 ひとりで作品を考えている時は、ひとり...

 

児嶋一哉〈アンジャッシュ〉(カウントダウン劇場)

カウントダウン劇場 イリュージョン児嶋

アンジャッシュの児嶋一哉がマジシャンに。

イリュージョニスト(児嶋一哉)が、店の中にいるお客さんの会話内容などから「3のもの」「2のもの」「1のもの」を順番に探し出し、うまくみつかるとカウントダウンが成立して、色々なものを出現させます。

イリュージョンで出すアイテムは、大抵がつながりがよくわからないもの。

アイテムを出した後、決まって近くの店員からアイテムの名前(児島本人ではない)を間違われ、そのセリフ(ボケ?)に「○○だよ!」と、つっこみを入れて終わります。

「児島だよ!」定番のツッコミはNHKでも健在。つっこむ対象はアイテムに変わりました。

カウントダウン劇場(シャキーン!) のイリュージョン児島、地味に奇術を行い、そのすごさは誰にも気づかれない。
奇術師・イリュージョン児嶋は、カウントダウン劇場(シャキーン!)でシュールな奇跡を披露する。 イリュージョン児嶋が行う奇術は、本当にすごい。 児嶋さんは店内に入ると、イリュージョンを成功させるために「3」に関連があるもの、「2」に関連が...

 

田中偉一郎(ストリート・デストロイヤー/ストリート・メーカー/ストリート・タイルダンサー)

ストリートデストロイヤー 田中偉一郎

街の風景にひそむ「無意味なもの」に意味を見出す田中偉一郎が魅せる、全力のパフォーマンスの世界。

ストリート・デストロイヤー:街中にある道路のヒビを探し、殴るなどのポーズを取って街を破壊しているように見せます。

ストリート・メーカー:経年劣化によりかすれた道路標示を、刷毛やローラーを使い、さも塗装しているように見せます。

ストリート・タイルダンサー:歩道に埋め込まれた、色や形が異なるブロックを、音楽ゲームのパネルのように、リズムよく足で踏むことで音楽が流れます。

「ストリート・デストロイヤー」が与える衝撃の1分間、シャキーン!田中偉一郎の躍動を見よ。
シャキーン!「ストリート・デストロイヤー」で、街にある道路のヒビに全力で立ち向かうおじさんに目が覚める。 「無意味であること」に価値を見出し、誰も傷つかない芸術を追い求める田中偉一郎の芸術。 2018年より「ストリート・デストロイヤー」...

 

お祝いミュージカル

お笑いミュージカル

歌鳴家はるかが、カナリア劇団の仲間といっしょに、「今日は何の日」にちなんだ寸劇を披露する火曜日限定コーナーです。

自分以上に目立とうとするその存在(何の日のテーマ)に歌鳴家はるかが嫉妬し、一度はそれを禁止するが、みんなが悲しみ、それがないと困るとせがむので、禁止することを禁止して、一気にお祝いムードに変わります。

火曜日はシャキーンのお祝いミュージカル、はるかとカナリア歌劇団に朝から盛大に祝ってもらおう。
はるかとカナリア歌劇団が全身全霊をかけて祝う、シャキーンのお祝いミュージカル はるか嬢「今日も今日とて、何かをお祝いしたいのじゃ!」 火曜日は黄色の日。 演技のよい、全身黄色の衣装に身を包んだ4名「はるかとカナリア歌劇団」が ...
朝からドゥーン連発!村上ショージ生誕祭が話題に(シャキーン!お祝いミュージカル)
村上ショージ生誕祭に、皆で喜びのドゥーン連発!(シャキーン!お祝いミュージカル) 火曜日の定番は、はるかとカナリヤ歌劇団による「お祝いミュージカル」。 何でもお祝いしてしまおうというコンセプトのもと、歌鳴家(かなりや)はるかを筆頭に...

 

クルーズモンスター

クルーズモンスター オープニング

主人公の小学生・セイジが日頃誰かの悩みを手助けするお話。

その中で、謎のモンスター「ピチピチ」が悩みを解決するヒントを不思議な鳴き声で伝えます。

セイジのおじいちゃんが生前に作ってくれたピチピチの声の解読書を便りにそのメッセージを実行して、困っている人を助けます。

悩みを解決して、その人が喜ぶと「サン球」が発生し、ピチピチはそれを食べます。

毎週水曜日に問題編があり、金曜日にその続編となる解読編を放送しています。

シャキーン!で登場するクルーズモンスター、独特の鳴き声を解読せよ。
シャキーン!で放送している「クルーズモンスター」はどんなお話? シャキーン!でおなじみの不思議なモンスター「クルーズモンスター」。 根強い人気を持っていますが、途中から見た人には、どういう筋書きかがわかりにくいかもしれません。 ...

 

惑星家族(土屋萌児)

シャキーン! 惑星家族

背景がどんどんと変わる不思議な世界で生きる家族の日常を、奇妙な音楽に乗せて描くアニメーション。

描いているのは映像作家の土屋萌児。

 

「新しい世界の法則」に出演する人たち

「新しい世界の法則」に登場するのは、全国から投稿で集まった一般参加者が多いコーナー。

あることが原因で、次の引き金となり、またあることが起きる。

最初の原因と最後の行動は、全く関係がないけど、実はつながっている、その意外性を楽しむコーナーです。

 

テニスコート(気の合う3人)

シャキーン! 気の合う3人

同じ景色を見て、同じセリフを口にするものの、全く異なる言葉に解釈してしまった3人が、ちぐはぐな会話を交わします。

同じセリフでちぐはぐな会話を交わす3人は、劇団員「テニスコート」のメンバー。

たとえば、「かいそうだ」なら

A「買いそうだ」
B「改装だ」
C「蚊、いそうだ」

それぞれの変換にもとづく話をてんでバラバラにし始め、他の人は首をかしげながらも、自分は自分の解釈した内容で話しはじめます。

 

ジャルジャル(名は芸をあらわす)

シャキーン! 名は芸をあらわす

「名は体をあらわす」を、文字をひねって再現したコーナー。

名を「芸」であらわす難しいパフォーマンスをジャルジャルが漫才で再現しています。

その世界をジャルジャルが漫才で実現します。

ワンテーマごとに、その内容にあった漫才を披露します。

 

前野朋哉、鮎川桃果(つりあってる?)

何かをしてもらったお礼を、日常のうれしいことの体験をプレゼントして返そうと、前野朋哉、鮎川桃果の夫婦が話し合うワンシーンを描きます。

提案するプレゼントは日常のちょっとしたことで「確かにそれはうれしいかも」と共感することばかり。

 

中村ゆりか、町田康 ほか/音楽:ザッハトルテ(いちぶんがく)

シャキーン! いちぶんがく 中村ゆりか

1文のみが書かれた本と出会う女性(中村ゆりか)を描き、その1文のために映像が作られる、ぜいたくなコーナーです。

 

小宮山雄飛、声の出演:ワタナベイビー(給食のほそみち)

シャキーン! 給食のほそみち

全国を歩く僧侶(小宮山雄飛)が、おなかがすいて倒れそうになると、不思議と学校が近くにあり、その学校で給食をごちそうになります。

 

大堀こういち、吉増裕士(形容詞くっつけ工場)

形容詞くっつけ工場 シャキーン!

町工場の片隅で、日々汗だくになりながら形容詞と形容詞をくっつけて、新しい使い方を開発する風景を描いています。

形容詞くっつけ工場(シャキーン!)新しい組み合わせを探すおじさんふたりの熱いドラマ。
形容詞くっつけ工場(シャキーン!)とは 言葉を製造してその言葉を商品として販売する仕事が本当にあったら面白いなあ、と思った瞬間に「形容詞くっつけ工場」が一気に好きになった。 — もりー (@mori318) May 16, 2019...

 

デルクイデルクイ

シャキーン! デルクイデルクイ

ゆっくりと歌う男の歌声とともに、徐々に街の風景のどこかが不自然に伸びてきます。

それをイラストの巨大なカナヅチが叩くと一度は縮みますが、また伸びてくる不思議な世界。

 

スポンサーリンク

シャキーン!ミュージック

ザ・ぶどうかんズ

ザ・ぶどうかんず

シャキーン!で結成されたバンド。豪華なバンドに、ここでしか聞けないツインボーカルの声が魅力的。

シャキーン!で結成されたバンド。1回限りの結成のはずだったが好評のため、コンスタントに楽曲を発表することに。

2019年に初ライブを行うことになりました。(台風のため中止に)

 

ザ・ぶどうかんズ(シャキーンミュージック)の曲は、少し男くさくて元気になれる。
「ザ・ぶどうかんず」この時代に、男くささをストレートに出して受け入れられるバンド。 「ザ・ぶどうかんず」がついに初ライブ、選んだ場所は「朝霧JAM 2019」。 朝霧JAM 2019のザ・ぶどうかんズの出演は、2日目10月13日(日)9...

 

曽我部恵一(どっか)

コアなファンをもつ、サニーデイ・サービスの曽我部恵一。

曽我部恵一がいろんな場所に出向いて、その場で「どっか」を弾き語ります。

常に自由を感じさせるスタイルが魅力的です。

曽我部恵一の新曲「どっか」は、様々な場所で、歌詞を変えて歌う意欲作。(シャキーン!ミュージック)。
シャキーン!ミュージックに曽我部恵一登場、「どっか」でギターを片手に歌いまくる贅沢な1ヶ月。 【曽我部恵一 × シャキーン!】 新曲書き下ろしです。 曲のテーマは"場所" タイトルは「どっか」。 6つの異なるシチュエーションで...

 

ここちゃんとTHE MICETEETH(ここからはじまる)

THE MICETEETH ここちゃん ここからはじまる

ここちゃん初めての歌。THE MICETEETHの軽快なスカにのせた、伸びやかな声質が好評でした。

ここちゃんとTHE MICETEETH(マイスティース)の楽曲「ここからはじまる」で、朝から賑やかに楽しもう。|シャキーンミュージック
朝に最高のSKAを。ここちゃん、THE MICETEETH(マイスティース)による「ここからはじまる」 2019年4〜5月のシャキーンミュージックは、大阪発の陽気なSKAナンバー。 ♪ここ そこ あそこ (どこ?) ♪どこ まで ...
タイトルとURLをコピーしました