形容詞くっつけ工場(シャキーン!)新しい組み合わせを探すおじさんふたりの熱いドラマ。

形容詞くっつけ工場 シャキーン! シャキーン!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

形容詞くっつけ工場(シャキーン!)とは

 

今ある言葉では伝えきれなかった感情を、さらにリアルに伝えるために、形容詞と形容詞をくっつける開発に挑戦しづつけている町工場があります。

工場内で真剣に話し合うふたり。作業着に汗だくでああでもない、こうでもないと繰り返して、新しい言葉の開発にいそしんでいます。

 

これまでにくっつけた形容詞をご紹介します。

あまい+こころづよい=あまこころづよい

険しすぎる道のりに心が折れそうになる冒険家。

そこで見つけたのはチョコレート丸々ひと箱。

このチョコレートこそ、「あまこころづよい」存在。

このチョコレートさえあれば、この先も砂漠も、乗り越えていけそうだ。

人間ってのは心の支えがあるだけで、調子の上がる生き物なんだ。

 

過去には、こんな形容詞をくっつけています。

くさい+あたらしい=くさあたらしい

せまい+なつかしい=せまなつかしい

ややこしい+うれしい=ややこしうれしい

チャラい+ふかい=チャラふかい

 

スポンサーリンク

シャキーン!の形容詞くっつけ工場に出演している大堀こういち、吉増裕士とは

大堀こういちとは

シャキーン 形容詞くっつけ工場

ギロリとした目でもう一人のスタッフと真剣に形容詞について討論するのは、大堀こういちです。

1985年に劇団健康(現・ナイロン100℃)の旗揚げに参加、1992年脱退。

当初は舞台をメインで活躍していたが、近年は映画やテレビにも出演の幅を広げました。

 

吉増裕士とは

シャキーン 形容詞くっつけ工場

大堀こういちの強引なムードに必死で抵抗するのが、吉増裕士です。

’98年に劇団「ナイロン100℃」のオーディションに合格し、大堀こういちと共に、現在劇団員として活動中。

’00年より自身が作・演出を手掛けるユニット「リボルブ方式」を旗揚げし、年に1~2本のペースで公演を行なっています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました