「凪のお暇(第3話)」の慎二やべぇ(高橋一生)|慎二側に立って応援する人が現れはじめる。

凪のお暇 慎二 凪のお暇
スポンサーリンク
スポンサーリンク

慎二(高橋一生)は凪への思いを取り戻そうと、抑圧的に攻めるも逆効果で再び泣く。

 

スポンサーリンク

凪のお暇|第2話「凪、そのキスで確信する」あらすじ

凪 (黒木華) は、北海道で暮らす母・ 夕 (片平なぎさ) からの手紙で、携帯を解約し引っ越ししたことがバレたと知る。

慌てて新しい携帯を契約し、夕に電話をすると「土日に東京へ行く」 と言う。

とりあえず東京行きを止めることが出来たが、先々の親戚の結婚式で東京へ来ることが確定してしまい 「やばい!」 とパニックになる凪。

部屋を出ると、近所に引っ越してきた 龍子 (市川実日子) が、凪のことを待っていた。

驚く凪だったが、慎二 (高橋一生) との出来事を龍子に聞いてもらう事に。

「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」 と一人盛り上がる龍子。

慎二がクズだと分かると 「なんで付き合っていたのか」 と問われるが、凪は答えられないでいた。

そこへ、部屋から出て来た ゴン (中村倫也) と出くわす。

龍子はゴンを気に入り、凪との出会いが 「少女漫画みたい!」 とまた興奮するが、職業がクラブオーガナイザーだと知ると一転、「私たちとは住む世界が違いすぎる」 と凪に釘をさすのだった。

そんな出会いに恵まれない凪の為、龍子は凪に内緒で婚活パーティに申し込んでしまう。

しかし、そのパーティに強制参加させられた凪は “ある事” に気づく…

一方、慎二は凪にビンタされた頬に絆創膏を貼っているのを、女性社員たちから 「彼女にビンタされたんじゃないか」 と噂されていた。

いつもなら上手く空気を作ってかわすところだが、凪が嬉しそうにゴンと一緒にイモを食べている光景を思い出すと、周囲の空気を凍らせてしまう。

そんな事などつゆ知らず、凪は隣人の うらら (白鳥玉季) とゴンと一緒にイワシのフリッターを作っていた。

うららは、揚げたてを上階に住んでいる 緑 (三田佳子) に持っていきたいと部屋を出ていく。

凪とゴンは部屋の中で2人きりになり…

 

スポンサーリンク

慎二(高橋一生)への反応|凪のお暇(第3話)

これまで慎二への批判一辺倒だったのが、慎二のやばさに慣れてきたのか、慎二の境遇に共感できたのか、慎二の心情を理解する人が続出しました。

慎二はツンデレのつんつんなのよ

 

ひねくれ慎二がなんか好き。憎めない。

 

フラれたときの表情といい、感情の流れが少年だ、、!!!!!!

 

かっこよかったよ~慎二

 

大好きな彼女の前だけは小3になっちまう号泣慎二、不器用すぎる😭

 

慎二〜〜!!!!!!!!君が一番愛おしいぞ〜〜!!!!!!!!

 

もう #慎二やべぇ の「やべぇ」の意味合い1話から180度変わっちゃって「この子の不器用さやべぇ」だよね…

 

この背中が背負ってるものは深く重くて、笑顔の裏には闇がありました

 

ま、まさか皆さん慣れてません?!?!?!?!慎二のヤバさに?!?!?!?!

 

どう考えても慎二が不憫

 

慎二「あいつ…やべぇ奴じゃねぇか?」私「いや、お前もな」

 

第3話ラストを受けての支持率の変移

 かなり盛り返すが、それでも慎二が負けている。

 

タイトルとURLをコピーしました