早くも「慎二やべぇ」がハッシュタグに登場「凪のお暇(第1話)」高橋一生が素直に感情を表現できない二面性モンスター役

慎二 高橋一生 凪のお暇 凪のお暇
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不思議なイケメンゴン(中村倫也)と凪の出会いに狂う慎二(高橋一生)をもどかしく見届けるのが、「凪のお暇」の楽しみ方。

慎二(高橋一生)の感情の出し方の下手さ加減にもどかしさを感じる人が続出|凪のお暇(第1話)

凪を翻弄する彼氏役ながらも、強く凪に惚れている、複雑な心境を演じる慎二。

第1回目にして早くもハッシュタグには「慎二やべぇ」が登場し、慎二のキャラクターの強さと高橋一生の美しさに右往左往する人が続出しました。

そこで、「凪のお暇 第1話」の慎二に魅了されるコメントをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

凪のお暇|第1話あらすじ

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島凪 (黒木華) は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。

しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、“良い意味で” のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。

そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言がきっかけで心が折れてしまう。

それをきっかけに 「わたしの人生、これでいいのだろうか…」 と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。

会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNS をやめ、携帯も解約。

幸せになるために人生のリセットを図った。

そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した凪。

コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。

仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。

しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる…。

凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン (中村倫也)、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。

 

スポンサーリンク

慎二(高橋一生)への反応|凪のお暇(第1話)

家に帰ったら高橋一生が寝転んでいるというご褒美

 

「ねえ、して」って言う慎二……目が笑ってない。。

 

冷たい顔して内心めっちゃ焦ってるみたいなやばい奴の演技が絶妙に慎二すぎる

 

原作だと過呼吸の場面の慎二の表情を…

 

一生守りたいと願った彼女を傷つけた自分自身に凍りつき動けなくなる様ですよ!

 

いたっけそんなのって会話しながらも凪の連絡先を目ざとく見つけ瞬時に記憶する慎二

 

慎二が怖いのはこういう所。

 

自分がまさかデトックスされる側なんて思ってなかったんだよなー。

 

屈折しまくった慎二そのままやん

 

笑顔が少し残った顔とか張り付いた笑顔とか血管とか血管とか血管(ry……

 

高橋一生の顔が原作に忠実(もはやそれ以上のクオリティ)

 

一生さんはサイコパスな演技が上手いよな…

 

慎二が最低過ぎて本気でムカついてたとこにあの泣きは無理

 

慎二やべぇ(高橋一生やべぇ)

 

高橋一生 柱抱きがち

 

柱コレクションがまた増えたwww

 

うわぁーー思った以上に#慎二やべぇ

 

ほんとに演技が上手くてほんとにクズって言っちゃった

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました