「凪のお暇(第5話)」ゴン(中村倫也)、これまでの女性とは違う反応に新たな感情が。

凪のお暇 ゴン 中村倫也 凪のお暇
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴン(中村倫也)、凪(黒木華)に別れを告げられた男に芽生えた感情とは?

常に目の前の女性を心地よくさせることがすべてのゴン(中村倫也)。

しかし、凪はゴンの沼から抜け出して、ちぎりパンのようなゴンと決別を誓った。

その行動に、ゴンは初めての感情が芽生え、うろたえる。

 

スポンサーリンク

ゴン(中村倫也)への反応|凪のお暇(第5話)

出来なかったことがあっても、それをごめんってあやまって、代わりの提案ができるのがゴンさんのメンヘラ製造機な理由…。

 

ハトに餌やりするゴンくん

 

凪ちゃんの例えに頭を抱えるゴンさん

 

凪からはちぎりパンだの女子中学生だの斜め上なことを言われてパニクるゴンさん

 

どんどん呼び名が変わっていきますねゴンさん…

 

スポンサーリンク

凪のお暇|第5話「号泣する男が救いたかったもの」あらすじ

ゴン (中村倫也) に恋をし “闇堕ち” してしまった 凪 (黒木華)。心配した 慎二 (高橋一生) は雨が降る中、凪に会いに行く。しかし、素直な気持ちを伝えられない慎二は、またしても凪を過呼吸に追い込みそうになってしまう。
凪はたまたま通りかかった みすず (吉田羊) と うらら (白鳥玉季) の親子に助けられ、そのまま2人の家に行く。久々にうららの顔を見て、みずずの手料理を食べて、凪は自分がいつからうららと遊んでいないか、いつから自炊をしていないかと考える。

一方、慎二は風邪をこじらせながらもスナック 「バブル」 へ行くが、店は2号店開店準備のため閉まっていた。
翌日、凪は 緑 (三田佳子) に誘われてラジオ体操に参加する。自堕落な生活を続けていたため、久々に日差しを浴びてふらつきながらも買い物へ。
その帰り道、ママ友3人とランチしているみずずの姿を見つける。妙な空気を感じ取った凪は、そっと様子をうかがうことに。
そして、自分の部屋に戻り、見渡した凪は、すっかりしおれた豆苗や、相棒の扇風機にタオルがかけられていることに気づく。そこにゴンが訪ねてくるが…。

 

タイトルとURLをコピーしました