「凪のお暇」出演者まとめ|キャラすべてが個性をもち、演じきる俳優陣も素晴らしい、心地よく没入できる一作。

凪のお暇 凪 黒木華 凪のお暇
スポンサーリンク
スポンサーリンク

個性と個性が絶妙にからみ合う、「凪のお暇」の出演者まとめ。

回を重ねるごとに、次第に強くなっていく登場人物のアクの強さが魅力の「凪のお暇」。異世界の住人が交差することで、互いのキャラが相手を引き立て合う、不思議なドラマの出演者をまとめました。

人生をリセットした主人公(大島 凪)・・・黒木 華

派遣時代、空気を読み過ぎて過呼吸になり、それをきっかけに身の回りのモノを捨てて休暇に入った凪を演じるのは黒木華。

毎日アイロンでストレートに伸ばしていたくせ毛をそのままに生活。くるくるのパーマでリラックスして暮らす黒木華が新鮮です。

 

凪の彼氏(我聞慎二)・・・高橋一生

空気を読むのが上手な営業部のトップセールスマンを高橋一生が演じます。

同じ会社の凪と密かに付き合っていたが、同僚との会話で「今の彼女とは身体が目当て」という会話を凪に聞かれてしまい、凪は慎二の前から消えてしまいます。

実は、凪に心底ほれていて、遠くの引越し先まで会いに行くものの、彼女の前では強がって冷たい言葉ばかりを浴びせ、余計に二人の仲は遠ざかってばかり。

帰り道は決まって大泣きしている慎二。

そんな、小学生のような下手くそで歪んだ恋愛感情が、視聴者の楽しみのひとつになっています。

早くも「慎二やべぇ」がハッシュタグに登場「凪のお暇(第1話)」高橋一生が素直に感情を表現できない二面性モンスター役
不思議なイケメンゴン(中村倫也)と凪の出会いに狂う慎二(高橋一生)をもどかしく見届けるのが、「凪のお暇」の楽しみ方。 こんなに高橋一生こっち来んなと思ったことはない#凪のお暇#慎二やべぇ pic.twitter.com/SElexoK...
「凪のお暇(第2話)」も慎二やべぇ(高橋一生)、空気を強引につくる、空気を壊す発言に拍車がかかる。
慎二(高橋一生)は凪への思いを取り戻そうと、抑圧的に攻めるも逆効果で再び泣く。 『凪のお暇』、もうこれ高橋一生が主役じゃん!ってぐらい、高橋一生が演じている役の多面的で複雑な部分がすごくいい。身近にいたらイヤだけど。イヤだけどいいヤツ...
「凪のお暇(第3話)」の慎二やべぇ(高橋一生)|慎二側に立って応援する人が現れはじめる。
慎二(高橋一生)は凪への思いを取り戻そうと、抑圧的に攻めるも逆効果で再び泣く。 凄く好きなのに素直になれなくてモラハラしてしまう28歳男児を完璧に演じてしまえる #高橋一生 やべぇ 後ろ姿何回見てもマジで慎二#凪のお暇 #慎二やべぇ...

 

凪の隣人(安良城ゴン)・・・中村倫也

隣にすむ、いつも自然体の謎めいた男が、ゴンです。

イベントオーガナイザーという、怪しげな肩書きと、凪が憧れている「空気を読まずにやりたいことをやる」を自然に体現していて、話しているうちに段々ゴンに惹かれていきます。

野原ですぐに寝て、自然に凪を口説き、実は冷静で様々な空気の動きを読んでいる、ミステリアスなイケメンのゴンと慎二のバトルが、凪のお暇の醍醐味のひとつとなりそうです。

1話目からゴンの仕草に色気が匂い立つ「凪のお暇(第1話)」中村倫也に卒倒する人たち。
空気を読みすぎて疲れた凪が、これまで出会ったことのないナチュラルな性格・ゴンに出会う。 今夜はいよいよ #凪のお暇 第1話。 ゴーヤの民よ、準備は出来てるかい?? pic.twitter.com/qeWDVP8nxq — 中村倫也...
「凪のお暇(第2話)」はゴン(中村倫也)の自由な空気感が凪の表情を緩ませる。
ゴン(中村倫也)に近づいてはならない危険な香りを感じながらも、凪は徐々に惹かれてしまう。 待ちに待った金曜日‼️🌸#凪のお暇 第2話です!第1話の復習も #TVer でお忘れなく!&#x1f...
「凪のお暇(第3話)」#ゴンもやべぇ(中村倫也)のハッシュタグが人気に、ラストの衝撃展開に視聴者の発狂する声。
ゴン(中村倫也)と凪がかつてなく急接近する第3話。 「#ゴンもやべぇ」や「#メンヘラ製造機」がランクインするなど、ゴンと凪が接近して様々なことが起こった「凪のお暇 第3回」。 発狂にも近いツイートが流れたのが、ラスト間近の、あのシー...

 

ハローワークで知り合い、凪に石を売ろうとした休職中の女性(坂本龍子) … 市川実日子

ハローワークに行ったら、職員に冷たくあしらわれていた女性。それが坂本さん(市川実日子)でした。

凪が勇気を出して声をかけてみたらお茶に誘われ、喜んでいたら幸運を招く石のブレスレットを売りつけられそうになります。

しかしその後、奇跡的にふたりは友達同士に。空気を読みすぎて疲れる凪とは裏腹に、空気をよまずに凪のためにと暴走して、反対に凪を振り回します。

 

堅物な凪の母親(大島夕)・・・片平なぎさ

世間体を特に気にする凪の母親。

凪が東京できちんとしているかを知りたくて、事あるごとに凪の元に訪ねようとします。

空気を読むのをやめたい凪にとっては、乗り越えなくてはならない相手です。

 

ゴンの家に来るパリピの友人(エリィ)・・・水谷果穂

ゴンの家にパフォーマーと一緒にたむろしながらも、ゴンとは距離を置いてつきあっている友人役を水谷果穂が演じています。

見た目の派手さとは裏腹に、周囲への気遣いに優れていたり、冷静に見つめることができていたりと、節々に聡明さを感じてしまいます。

 

隣の部屋に住む娘(白石うらら)・・・白鳥玉季

周りの学校の同級生と、生活環境の違いをうらやみながらも、表向きでは無理に合わせて楽しそうにふるまっているうららちゃんを白石玉季が演じています。

小学生らしからぬ冷静さと、たまに見せる無邪気な笑顔のギャップがとても魅力的です。

 

娘のお母さん(白石みすず)・・・吉田羊

うららちゃんのお母さん役を吉田羊が演じています。

ほぼ働き詰めであまり家にはいません。

娘のうららのことは大切に思っている様子です。

 

上の階に住む独り身のおばあさん(吉永緑)・・・三田佳子

外では自動販売機の下に手を入れて硬貨が落ちていないか探したり、パン屋さんでパンの耳をもらいにいったりと、あまり近づきたくない印象の緑さんを三田佳子が演じています。

家の中はきちんとしていて、昔の洋画を見るのが大好き。

たまにポロッと口に出す言葉が、キャストそれぞれの心を打ちます。

 

凪の同僚(足立心)・・・瀧内公美

 

凪の同僚(江口真央)・・・大塚千弘

 

凪の同僚(織部 鈴)・・・藤本泉

 

慎二の同僚(市川 円)・・・唐田えりか

 

スナック「バブル」のママ・・・武田真治

 

スナック「バブル」で働く女(杏)・・・中田クルミ

 

慎二の後輩  小倉康明 … 谷 恭輔

 

慎二の後輩(井原亮)・・・田本清嵐

画面左側が田本清嵐

 

八百屋役、ライトの女・・・ファーストサマーウイカ

ファーストサマーウイカ、ドラマ「凪のお暇」で毎回役柄が変えて登場、その全役柄をまとめました。
ファーストサマーウイカが「凪のお暇」で毎回役柄を変えて登場、今までなかった配役に、ウイカ探しを楽しみにする人も。 ファンはウイカ探しが楽しみの様子。 ウイカみーっけた!#凪のお暇 #凪のお暇ウイカを探せ — Y☺︎ ...

 

タイトルとURLをコピーしました