ムジカ・ピッコリーノのドットーレ・マルコ(浜野謙太)は、ソウルも演奏技術も一流の音楽人。

ムジカ・ピッコリーノ 浜野謙太 ムジカ・ピッコリーノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ムジカ・ピッコリーノのドットーレ・マルコ(浜野謙太)とは

決して男前ではないけれど、みんなを仲間につなげてしまうような独特の雰囲気を持ち、音楽を心から楽しむ笑顔と、確かな演奏技術がすばらしいドットーレ・マルコ。

ムジカ・ピッコリーノをチームとしてまとめあげて、グルーブ感あふれる音楽をつくるのはさすがです。

ムジカ・ピッコリーノ「ポリリズム」

好人物マルコを演じるのは、ハマケンこと浜野謙太(はまのけんた)。

サケロック、在日ファンクなど、独特の空気感を放つグループに在籍。

音楽家としてだけでなく、タレント業も引く手あまたで、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」への出演など、広いフィールドで活躍しています。

 

スポンサーリンク

ムジカ・ピッコリーノのドットーレ・マルコこと浜野謙太の音楽履歴

  • インストゥルメンタルバンド・SAKEROCKのメンバーとして、トロンボーン、スキャットを担当
  • 自身がリーダーを務めるバンド在日ファンクではボーカル兼リーダーを担当
  • Newdayではトロンボーンを担当
  • 他にも、ASA-CHANG&ブルーハッツ、KILLING FLOOR、GENTLE FOREST JAZZ BAND、ハシケンハマケンなどの活動や他バンドのライブサポートなども精力的に行う。

 

主な活動拠点だったSAKEROCK、在日ファンクのハマケンの演奏をどうぞ。

SAKEROCK(サケロック)

リーダーの星野源が、出身の自由の森学園高等学校のメンバーを集めて2000年に結成した、インストゥルメンタルバンド。

唯一無二の透き通った世界観に魅了される人が多く、多くの人に惜しまれながら2015年6月2日、両国国技館でラストライブを決行し解散しました。

 

SAKEROCK「SAYONARA」

最後のアルバムの一曲。5人の個性を活かしきった編曲が素敵。

浜野謙太のトロンボーンが、歌っているかのように響き渡るのが印象的です。

SAKEROCK / SAYONARA 【Music Video】

 

 

在日ファンク(ザイニチファンク)

在日ファンクは7人組ファンクバンドです。

ジェイムズ・ブラウンから流れを汲むファンクを日本で再認識させることが目的で結成されました。

在日ファンクの音楽は、ファンクが生まれた頃の熱気までもが感じられるのが魅力。

まだ、みたことのない荒削りのオリジナル音源で、さらに上を求め続けているような貪欲さがあります。

SAKEROCKから一転して、骨太の音楽も演奏でき、歌える技術力がすごいですね。

 

在日ファンク「爆弾こわい」

強いリズムとキレのあるボーカルが印象的な「爆弾こわい」。

タイトルとは裏腹に音楽の演奏力やグルーブ感はとても高い、魅力的な1曲です。

爆弾こわいPV/在日ファンク

 

在日ファンク「それぞれのうた」

日本で生まれたファンクを感じる1曲。

浜野謙太の伸びやかな声と、トロンボーンの叫ぶような音のセッションが楽しい。

それぞれのうた / 在日ファンク

ムジカ・ピッコリーノの創世記を作ったドットーレ・マルコこと浜野謙太。

最初のムジカ・ピッコリーノをまとめあげる人物が彼でなければ、ムジカ・ピッコリーノはここまで続かなかったかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました