アラベスク第1番(ドビュッシー)|ムジカ・ピッコリーノ7期・4話「ピッピのハンカチ」演奏曲

ドビュッシー アラベスク ムジカ・ピッコリーノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ピッピのハンカチ」で長岡亮介がツインギターを披露、ギターを演奏したもう一人は、笑顔が似合うあの人。

ディストミストの恐ろしさにピッピを連れて帰るとやってきたハッチェル。

霧をふせぐためにハッチェルがピッピに渡したのはアラベスク柄のハンカチ。

同じパターンをくりかえすことで、美しい模様を形づくるアラベスク柄からヒントを得て、アラベスク第1章にたどり着きました。

ベルカント号船員+ハッチェルのオリジナルセッションにより、見事モンストロを復活させました。

 

アルペジオっぽい。シロフォン逆側から弾くの難しそう。

 

ピアノ作品がこんな感じで聴けるなんてすごい(*´-`)

 

ありがてぇハンケチーフじゃねえか!

 

「アラベスク第1番(ドビュッシー)」

「アラベスク」はクロード・ドビュッシー初期のピアノ作品であり、彼の作品の中では最も有名な作品のひとつです。

「アラベスク」とはアラビア風とか唐草模様を意味する言葉。ドビュッシーのいた時代、アラビア風の模様や曲線美が流行していました。

ドビュッシーが作曲したアラベスクも、その音に、植物の茎や葉を思わせるやわらかさや美しさがイメージできます。

 

ムジカ・ピッコリーノ7期・4話「ピッピのハンカチ」

放送日:2019年4月26日(金)17:35〜17:45
再放送日:2019年4月27日(土)8:25〜8:35

演奏曲:アラベスク第1番(ドビュッシー)

演奏者
ピアノ:ピッピ(西條 妃華)
バイオリン:ハッチェル(ハッチハッチェル)
サックス:フローラ(高沢 英)
マリンバ:ジュリオ(オカモトショウ)、ルネッタ(佐藤 奏)
ギター:ロッソ(長岡 亮介)
ウッドベース:マーティ(マーティ・ホロベック)

 

タイトルとURLをコピーしました