ケ・セラ・セラ(ドリス・デイ)|ムジカ・ピッコリーノ7期・2話「魔法のことば」演奏曲

ケ・セラ・セラ ムジカ・ピッコリーノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ムジカ・ピッコリーノ7期の演奏は「魔法のことば」くりかえす言葉に注目。

魔法の言葉は同じ言葉の繰り返しが入っている。

 

高沢英ちゃんのケセラセラが上手すぎてて目が醒める!

 

「ケ・セラ・セラ(ドリス・デイ)」作詞:松本隆、作曲:細野晴臣

「ケ・セラ・セラ」はヒッチコック監督映画『知りすぎていた男』の主題歌で、主演女優で歌手でもあるアメリカ歌手のドリス・デイが歌いました。

「ケ・セラ・セラ」の意味はスペイン語で「なるようになるさ」と言われています。

日本でも日本語に訳され、1950年代に雪村いづみ、ペギー葉山らの競作によってヒットしました。

今から70年ほど前に歌った雪村いずみの歌声は非常に伸びやかで素敵です。

「なるようになるさ」の意味は70年経った今でも普遍のテーマのようで、今も様々なアーティストに歌われています。

 

ムジカ・ピッコリーノ7期・2話「魔法のことば」

放送日:2019年4月12日(金)17:35〜17:45
再放送日:2019年4月13日(土)8:25〜8:35

演奏曲:ケ・セラ・セラ(ドリス・デイ)

演奏者
メインボーカル:ジュリオ(オカモトショウ)
ボーカル:フローラ(高沢 英)
ピアノ:ピッピ(西條 妃華)
ギター:ロッソ(長岡 亮介)
ドラム:ルネッタ(佐藤 奏)
ウッドベース:マーティ(マーティ・ホロベック)

 

タイトルとURLをコピーしました