藤原さくら、津田寛治出演の「ムジカ・ピッコリーノ外伝〜時計台のモンストロ〜」|ボヘミアン・ラプソティ(クイーン)

藤原さくら ムジカ・ピッコリーノ ムジカ・ピッコリーノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ムジカ・ピッコリーノ外伝」は、ベルカント号メンバーに加えて、藤原さくら、津田寛治が特別出演。

ゴールデンウィーク中の特別番組として、通常のムジカ・ピッコリーノとは別に「ムジカ・ピッコリーノ外伝」として、藤原さくら、津田寛治が出演。

いつもの10分番組の2倍の20分番組。演奏曲はクイーンの「ボヘミアン・ラプソティ」でした。

 

【再放送決定】ムジカ・ピッコリーノ外伝(Eテレ)5月12日(日)午後4:40〜

藤原さくらの存在感と、誰もが知る名曲「ボヘミアン・ラプソティ」へのクオリティーに誰もが驚いた「ムジカ・ピッコリーノ外伝」。

ついに再放送が決定しました。放送はEテレで日曜日の夕方から、ぜひお見逃しなく。(終了)

 

藤原さくらは、ムジカドクター「シエリ」役。

ムジカ・ピッコリーノ外伝

藤原さくらは優秀な女性ムジカドクター「シエリ」として登場。

持ち前のギター演奏と歌声とともに、コード進行と多重録音を行うことで、ベルカント号のメンバーとともに時計台のモンストロに立ち向かいました。

 

津田寛治はシエリの父親・クロノス博士役。

津田寛治 ムジカ・ピッコリーノ

津田寛治は、メジャー・イディーズを問わず様々な映画、ドラマに出演する、日本がほこる名脇役。北野武の映画作品や特捜9シリーズ(警視庁捜査一課9係シリーズ)の出演で知られています。

演技への熱量の凄さと素の時の天然との落差が大きく、同業者も好きにさせてしまう人間性があります。

ムジカ・ピッコリーノ外伝では、ムジカドクター・シエリの父親のクロノス博士役。

幼い頃に、なぜクロノス博士はシエリから姿を消したのか、その理由も明らかになりました。

しかし、シエリと出会えたのもつかの間、再びシエリとクロノス博士は離れることに。

 

スポンサーリンク

ムジカ・ピッコリーノ外伝に出演する「藤原さくら」とは?

今後の活躍を最も期待されるシンガーソングライター。

鈴を鳴らすような声質とぬくもりのある低音で、包み込むような心地よさを奏でる、藤原さくらの歌声。

曲を作ることそのものが趣味で、日常的に作詞を行っています。

音楽との出会いは父の影響から。父と同じくビートルズのファンで一番好きなのはポール・マッカートニー。

10歳の時に、バンド経験のある父親からクラシックギターをもらったことで音楽をはじめ、高校1年生でアミューズと契約。

卒業後は音楽に専念するために上京し、積極的に音楽活動に。

2年後の1月9日、Billboard LIVE TOKYOにてスペシャルワンマンライブ「morning bell」を開催。ビルボードライブ東京の史上最年少でメインアクトを務めました。

同年4月、テレビドラマ「ラヴソング(フジテレビ系)」で女優デビュー。福山雅治の相手役に起用され「Soup」が主題歌として採用されました。

その後、「FUJI ROCK FESTIVAL’16」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」への出演、日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ、海外ライブ、弾き語りライブなど、様々な音楽イベントに参加し、徐々にファンを増やしつつあります。

また、小学校時代は体操を習っており、内村航平のファンであることを公言しています。

 

藤原さくら – 「Soup」 (short ver.)

藤原さくら – 「Soup」 (short ver.)

藤原さくらの知名度を広めた1曲。体が凍えるほどの寒い日に出された1杯のスープのように、藤原さくらの声がじんわりとあたたかく染み入ってきます。

 

藤原さくら – 「春の歌」 Live at Bunkamura Orchard Hall 20170218

藤原さくら – 「春の歌」 Live at Bunkamura Orchard Hall 20170218

スピッツをカバーした、映画『3月のライオン』後編の主題歌。

原曲の、スピッツの爽快感とはまた少し異なる、俯瞰からゆっくりと語りかけるような落ち着きを感じます。

 

藤原さくら – 「The Moon」 (short ver.)

藤原さくら – 「The Moon」 (short ver.)

劇場版アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道」の主題歌として書き下ろした曲です。

シンプルな音の構成と、鈴が鳴り響くような藤原さくらの声、破壊的な感性を記した歌詞が、コードギアスの刹那な世界観を作り上げています。

 

シエル(藤原さくら)とロッソ(長岡亮介)、クラブクワトロでも共演

ムジカ・ピッコリーノ放送後は、あのロッソと共演。どのような化学反応を起こすのか、今から期待大です。

 

ムジカ・ピッコリーノ外伝「時計台のモンストロ」

放送日:2019年5月3日(金)9:30〜9:50

演奏曲:ボヘミアン・ラプソディ(クイーン)

演奏者:
メインボーカル:(藤原さくら)
ピアノ&リードボーカル:ピッピ(西條 妃華)
サックス&リードボーカル:フローラ(高沢 英)
リードボーカル:ジュリオ(オカモトショウ)
ドラム&リードボーカル:ルネッタ(佐藤 奏)
ギター&リードボーカル:ロッソ(長岡 亮介)
ウッドベース&リードボーカル:マーティ(マーティ・ホロベック)

 

ボヘミアン・ラプソティ(クイーン)|ムジカ・ピッコリーノ7期・外伝「時計台のモンストロ」演奏曲
ボヘミアン・ラプソティで楽譜やコードの概念を伝えつつ楽曲も再現する、本気度100%の神回。 巨大な時計台で、姿を消してしまったムジカドクター・シエリの父親「クロノス博士」と遭遇します。 クロノス博士は、時計台全体がモンストロの精緻な...

 

タイトルとURLをコピーしました