今年1番熱いドキュメンタリー「M-1 アナザーストーリー あの日、人生が変わった」

M-1グランプリ お笑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

舞台裏で繰り広げられた、それぞれのM-1ストーリー。

このドキュメンタリーを見た後、あなたの芸人を見る目も変わるかも。『M-1アナザーストーリー あの日、人生が変わった』が秀逸。

2018年のM-1は、大方の予想を裏切って「霜降り明星」が優勝しました。

 

M-1の舞台裏を、数年前の挑戦から追ったドキュメンタリー『M-1アナザーストーリー あの日、人生が変わった』が、12月27日(木)よる11:20~放送📺(関西ローカル)放送されました。

このドキュメンタリー、関西ローカルでの放送ですが、それだけではもったいない仕上がりです。

ナレーターは俳優の佐々木蔵之介。穏やかな語り口調が、現場の熱くなった芸人の心境をあぶり出すように形にしていきます。

 

このドキュメンタリーは、M-1本戦よりも濃い内容かも。

今年も「面白かった」「つまんなかった」など、一般人から芸人まで、さまざまな人がコメントを出して盛り上がる舞台、M-1グランプリ。取り巻く熱気がすごすぎて、いろんな人がいろんなことを言うものだから、終了後は何が本当かわからなくなるくらいの熱狂ぶりです。

放送後のアクシデントがありながらも、今年もやはり大きな盛り上がりをみせました。

しかし、確かな真実があります。芸人がこのM-1グランプリに、何を賭けてきたのか。あの舞台にたつまでに、どれだけの思いを胸に勝ち上がってきたのか。

お笑いが好きな人も、そうでない人も、このドキュメンタリーを見たら、芸人への印象が変わるかもしれません。

 

スポンサーリンク

「M-1 アナザーストーリー あの日、人生が変わった』の見どころ

M-1の大きなうねりは、「一夜にして人生を変える」と言われるほど影響力が大きく、優勝した芸人は、その年1年の仕事が埋まるほど。

芸人にとっての最高峰とも言えるこの舞台の、裏側に迫ったドキュメンタリーは、まさに人生を賭けた戦いといえるほどの気迫が、それぞれの芸人から感じられました。

 

今回のアナザーストーリーでは、「かまいたち」「ジャルジャル」「霜降り明星」「和牛」にフォーカスを当てて取材。

誰しも一度はその舞台を見たくなるような熱い魂が強烈に伝わってきます。

 

M-1の挫折も、敗者の表情もすべて見せる、普段決して見ることのできない、リアルなドキュメンタリー。

このドキュメンタリーは、M-1が勝者しか映さない、華やかなアングルとは対極にある1本です。

誰かの漫才が受けに受けている最中で、暫定1〜3位はただ何もできず、じっと終わるのを待つだけ。

勝負の世界の厳しい空気が伝わります。

誰よりもくやしいはずなのに、自分の座を奪った芸人に、「がんばれよ」と声をふりしぼる掛け合いとか、どんどん受けているのを、黙って受け入れる表情とか、普段は決してみることのできない世界がそこにあります。

また、M-1を受け続けた初回から途中の動画もあり、最近に近づくにつれて、その表情がどんどん変わってくるのも面白い。

芸は顔つきまで変えてしまうものなんですね。

 

TVer・GYAO!にて見逃し動画配信中です。

ここまで真剣な世界があったのかと思うほどに白熱した世界が味わえる「M-1 アナザーストーリー あの日、人生が変わった」。これを見たら、芸人を見る目が変わるかもしれません。

TVerも、GYAO!も、1月11日まで動画配信中。見逃した方にはぜひ見ていただきたい1本です。 ←配信終了しました。

お笑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドポケット
タイトルとURLをコピーしました