【睡眠負債を抱えるあなたに】目覚まし時計は「音」より「光」の時代?

話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

話題沸騰、「光」で起こす目覚まし時計が、毎日のリズムを変える。

朝起きるのが辛い。昼食後は強烈な眠気が襲ってきて、身体が動かない。

睡眠の悩みを抱えていませんか?

そんなあなたに知ってほしい「光」で起こす目覚まし時計。
これを使うと、毎日の身体のリズムも、ラクになるかもしれません。

光目覚まし時計は、音を出して起こすこれまでの目覚ましと、どう違うのでしょうか?

 

光目覚ましinti4(アタッチメントプレゼント)

スポンサーリンク

音で起きるのは、実は身体にとっては良くない。

大音量でないと起きれないという人は、音の刺激を頼りに起きています。

それはつまり、自然な状態で起きるのではなく、自分の身体を驚かせて無理に起きている状態。これでは、身体や自律神経に負担をかけるばかりです。

 

光で起きるとすっきりと目覚めて、気分も良くなる。

光を浴びて起きると、幸福感や気分の良さなどが高まることが様々な実験でわかってきています。

光を浴びることで、身体が徐々に活動しようと準備して起きるからです。

 

スポンサーリンク

朝日だけでなく照明の光も、体内時計をリセットする力がある。

エナジーライト インティ inti めざましテレビ

体内時計は光によってリセットされます。音によって身体が起きることはありますが、体内時計が調整されることはありません。

このリセットの力がある光は自然光だけではありません。

起きて2時間までの間に受ける、強くて明るい光ならどんなものでも影響があります。当然ながら、室内の照明も含まれます。

 

スポンサーリンク

照度2500ルクス以上の光目覚まし時計「inti4」

人が起きるために必要な、「強くて明るい光」の基準は照度2,500ルクス以上と言われています。

朝に光を浴びると、目覚めを促進させる「セロトニン」が増えて、眠りを誘う「メラトニン」が減っていきます。

このように体内のホルモンを変えて、ストレスなく起きれるため、今までの音の目覚ましを使っていた人は、目覚めの質の違いに驚きます。

 

大音量アラームも付いているから、安心できる。

inti4(インティ4)ー朝日と同等の明るさで快適に目覚める光目覚ましー

光で起きる構造の「inti4」ですが、音で起きる目覚まし時計を使っている人が不安にならないように、大音量アラームも付いており、同時に使うことも可能です。

光で起きることになれてきたら、徐々に音を使わずに起きるようにしていけます。

 

「自然と目が覚める」とベストセラーに。「inti4」はテレビ、雑誌でも話題の、楽天売上1位の商品です。

「めざましテレビ」や「スッキリ!!」、「この差ってなんですか?」などのテレビ番組や「日経トレンディー」「GetNavi」「an・an」の雑誌など800媒体以上で紹介され、注目されている「光目覚まし時計」です。

この機会に、あなたの体内時計を変えてみませんか?

 

光目覚ましinti4(アタッチメントプレゼント)


話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドポケット
タイトルとURLをコピーしました