放ったらかしで調理が完了する鍋「ベストポット(best pot)」の評価をまとめました。

ベストポット best pot 使える
スポンサーリンク

あたらしい調理鍋「ベストポット(best pot)」がどう使われているかを調べてみました。

ベストポット(best pot)は、萬古焼と鋳物を組み合わせることで生まれた、新しい羽釜土鍋です。

萬古焼と鋳物が持つ保温力と、超一流の金属加工技術によって高い密閉力を発揮。

「材料を入れてベストポット(best pot)を沸騰させれば、あとは火を止めて待っておくだけ」の蓄熱調理で料理が完成します。

この調理鍋、皆さんはどう使って、どこに良さ、煩わしさを感じているのでしょうか。



ベストポット(best pot)を使うと「お米がふっくら炊ける」

お米の湯気がインパクト大。おいしそうです。

大ぶりのたけのこを入れた炊き込みごはんも、ほったらかしで完成しました。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

ビーフシチューなどの煮込み料理も、ほったらかしで肉までやわらかく仕上がるようです。

材料をベストポット(best pot)で炒めて、沸騰したらあとは放置。ビーフシチューがお肉までやわらかく仕上がるようです。

Instagram

 

旬の食材をベストポットに入れて、火にかけるだけ。

旬のおいしさ、春キャベツの甘みがひきだしてくれる鍋のようです。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

熱を長く保つ陶器の蓄熱力と、熱が逃げない密閉構造がベストポット(best pot)で楽に美味しく作れるポイント

best pot 蓄熱技術

沸騰したらあとはほったらかしで調理がすすむ秘訣は、土鍋が持つ保温力・蓄熱力に加えて、鋳物との組み合わせです。

鋳物は、バーミキュラやスキレットの人気により、その良さが広まりつつあります。

ベストポットが新しいのは、「鋳物と土鍋をぴったりと密閉できるようにしたこと」です。

best pot 鋳物

これにより、野菜や食材の水分のみでうまみを引き出す「無水調理」や、沸騰したらあとは火を止めるだけで調理が勝手に進む「蓄熱調理」が可能になりました。

 

ベストポット(best pot)のサイズは5種類(直火対応4種類、IH対応1種類)

ベストポット(best pot)は直火対応4種類、IH対応1種類のラインアップです。また、鍋の直径に合わせて専用の鍋敷きも用意されています。

直火/IH 直火(ガス)対応 IH対応
直径
(容量)
16cm(1.5L) 20cm(2.0L) 25cm(3.4L) 25cm浅型(2.7L) 20cm(2.0L)
重量
(鍋+蓋)
約2.1kg  約3.3kg  約5.7kg  約4.5kg  約4.0kg
カラー ・ピスタチオグリーン

・マスタードイエロー

・ピンク

・ホワイト

・ブラック

・ピスタチオグリーン

・マスタードイエロー

・ピンク

・ホワイト

・ブラック

・オーシャンブルー

・インディゴブルー

・インディゴブルー

・ホワイト

・ブラック

 

重量はかなり重い

鋳物と土鍋の組み合わせなので、重量はかなり重いです。鍋そのものをゆするような料理には向いていません。その代わりに、煮物などの鍋を動かさずに、調理を進行させる能力に優れています。

 

ベストポット(best pot)浅型タイプ(shallow)は、具材が並べやすく、そのまま器として食卓に出せる。

ベストポットのラインアップにshallowという浅型タイプがあります。そのまま食卓に出しても、取り出しやすいので、器としても使えます。

インパクトが強く、お皿によそう手間も省けます。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

ベストポットの評価まとめ

ベストポットは、相性が合えば凝った料理もできる鍋のようです。素材の旨さを引き出すことができる点が好評です。

しかも、最初に10分ほど火にかけるだけで、後は勝手に調理が進むというラクさも使い続けられているポイントでした。

欠点を挙げるとすれば、重いことですが、皆さんあまり鍋を動かさずに、得意の煮炊きの料理をされたり、菜箸などで材料をかき混ぜることで上手に使っていました。

 

best potの詳細はこちら↓



使える
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドポケット
タイトルとURLをコピーしました